「天気の子」を観た

「天気の子」をさっき観てきました。

 

以下、思ったことを忘れないうちに書いときたい、というだけの乱文です。

 

まずこの映画を観るにあたって、「予告編やあらすじ等の事前情報をなるべく一切目に入れないようにして先入観無しで体験したい」という気持ちがありました。
ツイッターでも「天気の子」「新海誠」「天気」などをミュートワードに設定していた。タイムラインに「明日の天気」も流れてこない。

 

おかげで冒頭の映像から度肝を抜いてしまい、ポテトを食べる手が止まって冷め切ってしまった。映像表現は本当に凄かった。

 

今回の新作の「天気の子」というタイトルを知ったとき、新海誠はこの作品に大切なものを賭けていると感じました。

新海誠作品は映像が美しいと言われていますが、それ以上に舞台装置の天才だと思う。

 

 

秒速5センチメートル」では雪という天気のせいで電車が止まり、打ち上げられたロケットの行先を見続けるけど、心は桜の木に囚われてしまう。

人の力では変えようがない世界で歩み続けるしかない悲哀や暗澹を、怒涛の舞台装置で浮き彫りにしながら描いていく。その舞台装置の映像が美しいものだから心に刺さって仕方がない。

胸に突き立てられたものの現実味を伴う生温さが、この作品を気持ち悪く感じる人が多い要因だと思う。でも好き。

 

 

その新海誠が、あらゆる装置を使って緊密に組み立てた世界が「君の名は」だったように思う。

巫女の髪飾りの組紐、口噛み酒といった装置が、黄昏という天気で繋がり、過去と現在と未来をひとつに結び、それを表現する美しい映像技術と音楽に打ちのめされてしまった。

変えようがない世界に立ち向かうことに、一つの答えを提示した作品だった。好き。

 

 

そこで発表されたタイトルが「天気の子」ですよ。

何度も言いますけど、天気はこれまで新海誠作品でとても重要な役割を担ってきたと思う。

その天気を自由に変えることができるという力は、新海誠作品の中ではもはや神にも近い存在だ。

ヒロインが舞台装置そのものとなってしまって、物語を捻じ曲げる力を持ってしまう。

必然性とか因果関係を無視して、ヒロインは天気、すなわち物語を操ってしまう。機械仕掛けの神が降臨しまくる。

ですが、映画の冒頭で占い師の老婆が言っていたように世界にはホメオスタシスが存在する。一定の状態を保ち続けようとする世界、平衡を取り戻すために働いていた力学(終わらない雨)に抵抗するためには、晴れを祈るには大きな代償を支払わなければいけない。

 

そこで一番印象的だったシーンが、警察から逃げた三人がラブホテルに駆け込むシーンです。冷えた身体を温めるために順番にお風呂に入る三人。

最後にお風呂から上がった天野陽菜を見てハッとした。バスローブを纏った姿は白装束のようで、これではまるで禊を終えた巫女だ。

彼女はラブホテルのジャグジーで湯浴みをしながら、世界に抗った代償として、人柱として天気の神に差し出される覚悟をしていたのだろうか。一体どんな気持ちだったんだろうか。

このシーンで「天気の子」というタイトルの意味がガツンと胸に来て泣いてしまった。

 

主人公である森嶋帆高は、天気の神に奪われてしまった天野陽菜を取り戻しに行く覚悟を決める。これは新海誠の決断でもあり、この決断こそ非現実なまでに大きな舞台装置を用意して「天気の子」でやりたかったことではないか。

 

「祈る」ということは、「そうしたい」という強い決断の表れだ。決断には大きな代償が付きまとう。

それでも、天野陽菜は人々の笑顔のために晴れを祈り、森嶋帆高は天野陽菜のために雨を祈った。

 

どうしようもない恒常性が働き続ける世界で、二人がこうして出会うためなら東京が沈んだっていい。そういう世界を選んでもいい。きっと大丈夫だから。

 

これまでの作品を経て、新海誠によってそういう「祈り」が提示されたことにグッときました。

本当にいい映画だった。

 

ありがとう、天気の子。

 

 

 

あとiPadのタッチキーボードで就活のESを書くのは大変そうだと思う。

福岡・佐賀旅行の話

人間は10%しか脳を使っていないという話がある。

 

人が普段使っているエネルギーは、おそらく10%くらいだ。

日常生活において、残りの90%は使わないままだと思う。10%で回し、淡々とこなす。
休日は一日中家にいても楽しいし、どうしようもない毎日を淡々と乗り切る中で生まれる尊さや、ある種の美しさも、普段の生活の中には存在すると思う。
だがふとその中で残りの90%のエネルギーが垣間見える瞬間はとても面白い。間違いなくそれはその人の魅力だ。
その90%はたまに動かしていないと身体の奥底に澱み、二度と使えなくなる気がする。
10%のおじさんになってしまうことが怖い。
魅力的になりたいとか、面白くなりたいとか、そういう話ではない。10%の世界から戻れなくなってしまうことがひどく恐ろしい。
動かせるエネルギーがどんどん小さくなっていることに自分自身で気付くことは本質的に不可能だ。
動かせるものは動かせるように抗いたい。

 

というテーマで九州旅行に行ってきました。
90%嘘です。旅行は最高。

 

僕は今まで九州に行ったことが無く、「九州初上陸を台無しにしたい」という思いがありました。
その旨をふじいりさん(@fuzuiR)に相談したところ、「金曜に有給を取るので、二泊三日で台無しな旅程を組みましょう」と乗ってくれた。
もう一人ほど九州台無しツアーに付き合ってくれる人を探していたら、「金曜の夜に仕事終わったら博多向かって合流します」と鰐人さん(@wani_jin)が釣れ、こういったメンバーになりました。なんだそのアカウント名。
近くにアホが2人もいてよかった。

 

 

〜旅行1日目〜

 

 

朝5時に起床。バカみたいな時間の飛行機を取ってしまったので、前泊した友人の家から始発で待ち合わせの梅田へ向かう。ふじいりさんを発見。

パスピエの最終電車を聴きながら来ました」

なんでだよ。歌詞に全く共感できない状況でやって来たふじいりさんと合流。台無しの予感に胸が踊る。


バスで関西空港へ向かい、そこからピーチ航空を使って福岡空港へ。ちょうどセールが開催されており、4000円くらいでチケットが取れた。安すぎる。墜落しても強く文句が言えない。

 

f:id:loharu:20190611214940j:image
強く文句が言えない飛行機。

 

搭乗してから滑走路までの移動が長く、「このまま陸路で行くかと思った」とか言い出すふじいりさん。悪い予感がする。

 

結果から言うとこの悪い予感は当たり、この旅行はこういう小ボケがずっと続くことになりました。離陸。

 

機長「ホニャホニャホニャ(なにやら英語)」
CA「ただいま機長が申しました通り〜」
僕ら「全然分からない」「詰んだ」

 

 

そうこうしてる間に着陸。初の九州上陸です。福岡空港は博多から近くてアクセスがめちゃめちゃよい。福岡空港は最高。関西空港は反省してほしい。


まずは本屋に行ってメモ帳を購入。旅行中に起きた色んなことを箇条書きで書き込んでいこうという寸法です。このレポもそのメモ帳を読みながら書いている。

以下、箇条書きはメモそのままです。

 

・味のタウン
味がすごいするタウン。

 

まずは博多駅の周辺でラーメンを食べました。ラーメンと焼き飯のセットが650円。

 

f:id:loharu:20190611220050j:image
うまい。

 

 

さて、やることが無くなった。

 

 

その日の宿は取ってあるんですけど、予定がまるで無い。何なら次の日の宿はまだ取っていない。
とりあえずレンタカー受け取りの13時まで時間をどう潰すか。

九州初上陸から2時間で時間を「潰す」と言ってしまった。何も考えずに街をぶらつく。

 

 

f:id:loharu:20190611220823j:image
草むらに打ち捨てられていた自転車。修羅の国、何があったんだ。

 

 

雨が降ってきたのでカラオケに入る。とてもいい感じで台無しになってきた。
小一時間歌ったら喉も枯れてレンタカーの時間になったので一石二鳥でした。電車に乗ってレンタカー屋へ。
そこで気になる車内広告を見つける。

 

 

・HONEワールド、全開。
「HONEワールドが全開になってるらしい」「行こう」

 

 

マリンワールドという水族館の広告に釣られ、レンタカーに乗って水族館へ。
道中、ほかにいい観光スポットが無いか調べる。

 

 

元寇資料館
元寇への理解を深めるいい機会」「修学旅行の感想文みたいだ」

 

ベストアメニティスタジアム
「えー、部屋にシャンプーが100個ある」「それはベストではないだろ」

 

 

などと言っていたらマリンワールドに到着。突然うずくまるふじいりさん。

「100点の家族しかいない!」

遊び疲れて寝てしまった男の子を抱きかかえて歩くお父さん。100点の家族にあてられて動けなくなってしまったふじいり。

 

 

f:id:loharu:20190611222231j:image
かと思ったらずんずん進んでいく。

 

 

 

f:id:loharu:20190611231458j:image
イルカショーの広場に辿り着き、男2人で肩を並べてホットコーヒーを飲みながらイルカショーを心の底から楽しむ。
なんだこれ。楽しい。

 

・幸福のダム
イルカを見て無邪気な笑顔の子供達、を見て笑顔になるイルカショーのお姉さん、を見て笑顔になる僕。
「幸福のダムだ」「笑顔の連鎖がここで終わっている」

 

イルカが尻尾でボールを強かに打ち観客席に飛ばす圧倒的な迫力に気圧され「我々は生かされているに過ぎない」という感想を言い合いながら念願のホネのコーナーへ。

 

 

f:id:loharu:20190611223140j:image
HONEワールド全開といった感じでした。



その後、ラッコが餌を食べ続ける様子を10分間くらい眺めたり、佐賀県の尖ったPR動画を見たりしました。
この尖ったPR動画というのが「正しい干潟の遊び方」というタイトルで、大人三人が干潟に肩まで浸かって泥まみれになる様子が無音のスライドショーで延々と流れるという悪夢みたいなもので、これを公式として打ち出してるのが本当に凄い。
他にも有明海のみに生息するワラスボをフィーチャーした映画風のPR動画など、とても面白い。

行政がいい県、佐賀県

 

 

f:id:loharu:20190611224711j:image
いい水族館でした。

 

 

マリンワールドを離れ、板付遺跡に移動。

「歴史に本当に興味が無い」と言うふじいりさんを無理矢理連れて行く。
歴史に興味が無さすぎて、城を見ても「攻めやすそう」か「攻めにくそう」の二種類の感想しか言わない人である。

僕もあまり興味は無いが、このままだとカラオケ行ってイルカ見ただけで終わってしまう。

 

到着すると、駐車場に車が一台もない。思わず笑顔がこぼれる。

 

 

建物の中に入ると、ガイドのおじさんと地元の子供達がいた。
ガイドの方はとても丁寧に遺跡のことを教えてくれ、「歴史に興味が無い」などとほざいていた自分を恥じる。地元の子供達が増えてる。
この建物はあくまで資料館で、遺跡は近くにあるそうだ。場所を案内してもらい、さらに増えてる子供達に見送られながらいざ遺跡へ。

 

 

f:id:loharu:20190611230429j:image
みんな大好き、楽しいムラ。

 

 

f:id:loharu:20190611230550j:image
入り口に佇む謎のオブジェ。

 

ん…?

 

あれ…?これってもしかして…!

 

 

f:id:loharu:20190611230643j:image
籾(もみ)のキューヨンだ!!(籾 1994 のこと)

 

 

f:id:loharu:20190611231105j:imagef:id:loharu:20190611231110j:imagef:id:loharu:20190611231112j:image
本当に楽しい。

 

 



全力で遺跡を楽しみました。

 

 

この調子で志免鉱業所竪坑櫓へ。しめこうぎょうしょたてこうやぐら、と読む。

旧日本海軍日本国有鉄道によって運営された「国営炭鉱」志免鉱業所の採炭夫を昇降させ、石炭を搬出するための施設である。

らしいです(Wikipediaより)。有名な廃墟らしく、ワクワクしながら車を走らせる。

 

到着。

 

 

f:id:loharu:20190612154414j:imagef:id:loharu:20190612154507j:image
すごい工事してる。

 


近くでは子供達がめちゃめちゃサッカーをしている。廃墟とは趣の異なる異質さがありました。

 

ついでなので周りをぐるりと回る。

 

 

f:id:loharu:20190612155203j:image
垂直跳びの高さがわかるポールがあったので、

 

f:id:loharu:20190612160215j:image
垂直跳びをしました。

 

 

いい時間になってきたので宿に車を置き、博多駅周辺へ繰り出す。

焼肉屋に入り、お酒を飲みながらずっと肉を食べる。写真は無いです。

 

食べ終わって気持ちよくなっている中、そろそろ博多に着く鰐人さんを迎えに駅へ。

 

f:id:loharu:20190612173239j:image

 

無事合流し、宿に向かう途中で〆のラーメンを食べる。

 

 

f:id:loharu:20190612173746j:image
かなり美味しかったジェノバラーメン。

 

 

・バキバキに勃起したオーキド博士「これはエッチポケモンじゃな。サトシ、ありがとう」
「何を見せに行ってもそれしか言わないオーキド博士」「ありがとう、って言うあたり本当に感謝してるんだろうな」「この後使おうとしてる」「使うとか言うな」

 

 

酒とラーメンで楽しくなって博多を歩く最悪の三人。
宿に着いてテレビをつけると、「佐賀県で鎌のようなものを持った男が逃走中」というニュースが流れていた。

 

 

「明日はこの男を捕まえよう」
などと予定を立てながら、コンビニで買ったお酒を飲みながら就寝。

 

 

 

〜旅行2日目〜

 

 

さて、やることがない。

 

 

とりあえず宿の近くにあったパン屋で朝ごはんを買う。

 

 

・トイプードルのくしゃみを見る
一番いい朝。

 

 

パンを持って近くにあった海浜公園へ。

 

 

f:id:loharu:20190612174343j:image
海を見ながら並んでパンを食べる。図らずもいい朝になってしまった。

 

 

・突端のマリゾン
「あの建物、マリゾンというらしいですね」「あの突端の?」「突端のマリゾン」「ラノベのタイトルみたい」

 

・詩的な認知症
「あれ、今日って31日でしたっけ?」「31日はもう生きたでしょ」

 

 

朝ごはんを食べ終え、結婚式(マリゾンは式場だったらしい)の鐘と共に打ち上げられ空へ浮かんで飛んで行く風船の束を眺めながら、この旅行のメイン目的である佐賀に向かう。

 

 

道中、気になる施設を発見。

 

 

「この近くにフォレストアドベンチャーがあるらしいですよ」「なんだそれ」

 

フランス語で【La foret de l’aventure】。直訳すると【冒険の森】。
1997年にフランス・アヌシー郊外でアルタス社がはじめたアウトドアパークの名前です。

キャノピーコースでは、自分で器具を操作することなく安全確保ができるコンティニュービレイシステムを採用しています。

 

「行きません?」「行こう」「コンティニュービレイシステムって何だよ」

 

 

森の中に作られた広大なアスレチックのことらしい。
佐賀を一旦忘れて、フォレストアドベンチャーへ。コンティニュービレイシステムを体験すべく山道を登っていく。

 

僕「ジブリみたい」
ふじいり「獣道だな〜」
鰐人(運転)「これ本当に道合ってるか!?おい!!」

 

 

車を拒むような獣道を乗り越えて到着。受付を済ませて待つ。

 

 

f:id:loharu:20190626212758j:image
ウッドチップタワーではしゃぐ大人たち。

 

そうこうしてるうちにお兄さんに呼ばれ、金具を装着する。
いざ、コンティニュービレイシステム!

 

 

f:id:loharu:20190626213122j:image
悪戦苦闘する鰐人さんをゲラゲラ笑いながら撮る俺と、

 

f:id:loharu:20190626213226j:image
めちゃくちゃキモい登り方をするふじいりさん。人がどうしようもない姿がこんなに面白いとは。

 

 

f:id:loharu:20190626213510j:image
f:id:loharu:20190626213831j:image
「助けられたくないキモいレスキュー隊」

 

 

 

f:id:loharu:20190626214302j:image
ついさっきまで縄に絡まっていたとは思えない雰囲気で麓を見下ろす2人。

 

 

f:id:loharu:20190626214440j:image
謎のオブジェを見て帰りました。

 

 

動き疲れたのでそのまま遅めの昼飯へ。

「九州で本当に行きたかった店があるんです」と二人を熱く説得し、向かった店。

 

 

f:id:loharu:20190626214800j:image
ドライブイン鳥!

 

 

f:id:loharu:20190626214849j:image
うまい!ゾンビランドサガ最高!

 

満足です。

 

 

気を取り直して佐賀観光へ。

 

・右折おじさん
「あっ次右折だよ」「さっきから右折の時しか言わないな」「右折おじさんじゃん」

 

右折おじさんは交差点の中心でグルグル回すとどっちが右折か分からなくなり、爆発する。

 

 

右折おじさんと共に古湯温泉へと向かう。
山間に開けた景色を眺めながら露天風呂に浸かり、フォレストアドベンチャーでかいた汗を流しました。
温泉は最高。関西空港は本当に反省してほしい。

 

風呂に入ってさっぱりした一行は、佐賀と言ったら吉野ヶ里遺跡へ。

 

 

f:id:loharu:20190626215648j:image
閉まってました。

 

 

歴史に未練が無いので、そのまま佐賀の地物が食べられる居酒屋へ。
車で来てるのでハンドルキーパーを一人決めるためのじゃんけん。

 

負ける。腹いせにノンアルコールのグレープフルーツを飲みながら食べ続ける。

 


f:id:loharu:20190626220604j:image
佐賀といえばイカの活作り。本当にうまい。

 

 

f:id:loharu:20190626232219j:image
「活」の部分は天ぷらにしてもらいました。

 

f:id:loharu:20190626220607j:image
インディーズの魚たち。メニュー表を見ても何が出てくるのか本当に分からない。

 

f:id:loharu:20190626220936j:image
これは「うみたけ」です。

 

 

f:id:loharu:20190626232358j:image
本当においしい。

 

 

・マヨ器
「ワラスボ、マヨネーズつけて食べるとマヨネーズの味になる」「マヨネーズを口に運ぶための道具」「マヨ器」「マヨ器て」

 

・シェフに電流が流れる物理的ないいね
「美味しすぎる」「シェフにいいねしたい」「いいねボタンを押すと、シェフに電流が流れる」

 

 

佐賀、いい県だな。としみじみ思いながら酒くさい二人をトランクに詰め込む。

 

宿に向かいがてらお酒を買い、飲みながら就寝。

 

 

〜旅行3日目〜

 

 


f:id:loharu:20190626222237j:image
パン屋で朝食を買う。この旅行、毎朝パン屋に行ってるな。

 

 

「ここから福岡空港方面に行く途中でパン食べながら楽しめるスポットないかな」「そんな都合のいい場所ありますかね」

 

 

 

f:id:loharu:20190626222913j:image
あった。

 

 

f:id:loharu:20190626223202j:image
飛行機の時間があるので、1レースだけしか見ることが出来ない。この1レースに全てを賭ける千円一発勝負。

 

 

f:id:loharu:20190626223317j:image
真剣にパドックを見つめる二人。

 

 

「名前が面白いからミナミタッチタッチ」「おれはユアネイム」

 

名前で選ぶのかよ。
俺は名前が面白かったのでハーフパンツを買いました。

 

 

いざ!!

 

 

f:id:loharu:20190626223540j:image
うおー!!!!

 


f:id:loharu:20190626223543j:image
いけー!!!!

 

 

 

ダメでした。さらば佐賀。

 

 

 

福岡に戻りレンタカーを返却したあと、九州最後の昼ごはんを食べる。

 

 

f:id:loharu:20190626224256j:image
天ぷらが無限に出てくる最高のお店。

 

・ありがとう定食
「こんなのありがとう定食じゃん」「ありがとう定食の大」

 

 

ビールを飲みながら旅の終わりを迎えました。

 

 

というわけで三日間の福岡・佐賀旅行、これにて終了です。
台無しツアーと言いながら、割と満喫してしまった。是非また台無しリベンジしに行きたいですね。

 

 

悔いが残るとすれば、佐賀で鎌のようなものを持った男を捕まえられなかったことなので、次に九州に行くときは捕まえたいと思います。

 

 

おわり

人と物

「一人で生きていけそうだよね」と周りの人によく言われる。

 

そんなわけない。無理だ。むしろ一人では生きていけないと日々思っている。

 

今年に入ってから色々な物を失った。物というのは文字通り"物"で、小型カメラ、一眼レフのレンズ、スキーのストック、お気に入りのスニーカー、財布、釣り竿、リュック、壊れたり、なくしたり。こんな不幸があるかよ、と周りには笑っていたが、内心とても落ち込んだ。と思う。こんなにも落ち込むものか、と自分でも驚いた。

 

部屋の物を整理しようと決めた。お前の部屋は物が多い、と人からよく言われていたが、改めて整理を始めてみると物に溢れている。2年前に友人にあげたゲーム機の箱が押入れから出てきた。

 

物に依存しているのか。

 

一人では生きていけない人間が一人暮らしを始めると物に依存するのは必然か。部屋に価値を飾る。虚飾だ。寂しがり屋なだけかもしれない。

 

人は人に見出されることで自分自身に価値を持つ。絶対的な価値など無い。相対的なものだ。そんなことを考えた。

 

真に自分で自分自身に価値を見出すことが出来る人はいるのだろうか。いるとしたら、それが一人で生きていける人なのかもしれない。無敵だ。もしくは社会性を喪失している。絶対的な価値を持つことのできない人たちが寄り添って作り上げたのが社会なのではないか。

 

物に依存している人は外からどう見えるのか。「一人で生きていけそう」と見えたのだろうか。だとしたら不幸だ。

 

物は価値そのものだ。でもその価値は人が見出して初めて生まれる。物に依存しているということは、他人に依存している。

 

物を捨てている。ゲーム機の箱をゴミ袋に入れる。物から離れようとしているのか。

 

人と物。『人と人』と形が同じかもしれない。ただお互い組み合ったように見える二本の腕は、どちらもこちらから伸ばしたものだ。

 

もしかしたら俺は物にフラれたのかもしれないな、と考えて今この文章を書いています。フラれるというのは、相対的な価値の共有を断られるということです。とてもつらい。何を言ってるのかわからないと思います。俺もよくわかっていない。

 

そんなことを考えながらゴミ捨て場に物を捨てに行ったら桜が咲いていたので、よくわからないことを考えるのはやめた。

2017年のよかった漫画

2017年、アニメを観る時間が少なくなった。漫画と違ってアニメって、こう、読む(観る)テンポを強勢されるんですよね。そこも大事な表現の一つになっていると思うんですけど。アニメは全体的にそのテンポがとてもゆっくりで、最近その速さに追いつけなくなってしまった。俺は何に急いでいるのだろうか。このはな綺譚は全部観ました。

 

映画は『メッセージ』が本当に面白かったですね。打ち震えました。あと『ダンケルク』も凄い映画だった。『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』は最高。

 

漫画の記事なので漫画の話をします。今年もいい漫画がありましたね、あんま覚えてないんですけど。思い出しながら書いていきます。

 

 

それでも町は廻っている

それでも町は廻っている 16巻 (ヤングキングコミックス)

2017年、『それでも町は廻っている』が完結しましたね。11年間の連載だそうで、それ町は「漫画って面白いな…」と覚え始めた高校生の頃に近所の本屋で揃え始めた記憶がある。そこから色々と漫画を読むようになって、その中でそれ町は7年間ずっと繰り返し何度も読んできた。最終巻も本当にいい終わり方だった。俺の青春の一つでした。ありがとうございました。

 

 

波よ聞いてくれ

波よ聞いてくれ(4) (アフタヌーンコミックス)

この漫画も1巻が発売された2015年から話題になっていましたが、最新刊が出るたびに「本当に面白いな…」となっています。北海道のラジオ局の話なんですけど、言葉選びのセンスが尋常じゃなくて、人と仕事という題材でここまで笑えて面白い漫画を描ける人は他にいないと思う。今一番新刊が楽しみな漫画です。



・とんがり帽子のアトリエ

とんがり帽子のアトリエ(1) (モーニングコミックス)

魔法を巡る王道ファンタジー。登場人物の表情や背景までペンで緻密に描き込まれていて、読んでいるとどんどんその世界に浸れるような作品です。この世界では魔法は魔法陣をペンで描くことで発動するんですけど、じゃあもうこの漫画自体が魔法じゃん、という気持ちになる。今一番新刊が楽しみな漫画です。

 

 

ゴールデンゴールド

ゴールデンゴールド(1) (モーニングコミックス)

刻刻』の作者の方の最新作です。いま3巻まで出てます。この漫画は主人公の少女が孤島で地蔵のような人形を拾ったところから始まるんですが、今までの日常だと思っていたところに突然訪れる奇怪でゾクッとする瞬間、たまらないですね。触れてはいけない民俗的なタブーの奥深くにどんどん踏み入ってしまうように、ページをめくる手が止まらない。今一番新刊が楽しみな漫画です。

 

 

人形の国

人形の国(1) (シリウスコミックス)

弐瓶勉最新作。言うことなしです。白い世界に浮かび上がる黒のコントラスト、美しいですよね。あとヒロインがかわいい!バイオメガ最高!一番好きなBLAMEです!

 

 

少女終末旅行

少女終末旅行 1 (BUNCH COMICS)

廃墟の中をケッテンクラートでひた走る少女たちの漫画です。2017年、アニメ化もされましたね。緻密な建物と機構の描画の線がとても心地よい。線で描かれた漫画は本当に好きだ。哲学、と言うと安っぽい表現で嫌なんですが、穏やかな考え方が流れているいい作品です。

 

 

ゆるキャン△

ゆるキャン△ 1巻 (まんがタイムKRコミックス)

とても好きな漫画です。読んでいると焚き火の匂いがしてくるような、美味そうな料理の匂いがしてくるような。冬にキャンプをしたくなる。あとキャンプ小物を買いたくなる。キャンプっていいですよね。

f:id:loharu:20171231154145j:image

これはキャンプじゃないですが、富士山頂で飲んだコーヒーの写真です。すげえ美味しかったです。自慢です。

 

 

・放課後ていぼう日誌

放課後ていぼう日誌 1 (ヤングチャンピオン烈コミックス)

アウトドア繋がりで、こちらは釣りの漫画です。釣りにハマっていく主人公の女の子がとてもいいですね。あの魚がバイトした瞬間のシビビ!という感覚。俺は釣りが好きなんですけど、この作品には釣りの楽しさが詰まっていて、即ちこの作品が好きです。絵柄もとても好きです。さっきから好きしか言ってねえな。

 

 

・ななかさんの印税生活入門

ななかさんの印税生活入門 (1) (まんがタイムKRコミックス)

印税で生活せんと目論む主人公の女の子が他の女の子たちの力を借りて印税で生活せんと目論むお話なんですが、ネタのナンセンスさがとてもいい塩梅で好きです。よくこんな面白い例えネタが思いつくな、と笑いながら読んでいます。

 

 

・まちカドまぞく

まちカドまぞく (1) (まんがタイムKRコミックス)

まんがタイムきららで一番好きな4コマ作品です。めちゃくちゃ面白い。まぞくになってしまった主人公と魔法少女の仁義ありし戦いの漫画です。一コマ一コマに凝縮された台詞とギャグが怒涛のように可愛いイラストと一緒に流れてきます。なのに感動してしまう話もあり、不意打ちをくらって何度か泣きました。オススメです。

 

 

・はんどすたんど!

はんどすたんど! 1巻 (まんがタイムKRコミックス)

個人的に本当にツボな漫画です。同人誌を買っていたくらい好きな作者さんの作品です。表紙の女の子が主人公な体操部の漫画なんですけど、彼女はここから一切表情が変わりません。キャラの空気感とギャグのバランス感覚がすごい。体操部だけに。



・上野さんは不器用

上野さんは不器用 1 (ヤングアニマルコミックス)

天才女子高生で科学部部長の上野さんが、部員の田中に発明品を使ってアプローチする漫画です。ワードとギャグのセンスと、あと尋常ではないフェチをひしひしと感じる。思わずテンポよく読み進めてしまう面白さがある。すごい好きです。

 

 

スペシャ

スペシャル (2) (トーチコミックス)

文脈の統合性が狂っているようで緊密に合わさっているような気がする、そんな世界観が絶妙な台詞回しで成り立っている作品です。漫画としての文体が独特で、そこが魅力で引き込まれるように読んでしまいました。続きがとても気になる。

 


・ふらいんぐういっち

ふらいんぐうぃっち(6) (週刊少年マガジンコミックス)

永遠に読みたい。

 

 

全部思い出せてない気がする。思い出したら追記します。人に漫画を貸しすぎてて本棚がスカスカなのは気のせいだろうか。

来年は『刻刻』も『封神演義』もアニメ化するらしいので楽しみですね。

体操部だけに、は忘れてください。

Plantronics BackBeat GO 3を買った話

f:id:loharu:20170610002151j:image

 

Bluetoothイヤホンを買いました。

PlantronicsというメーカーのBackBeat GO 3です。

 

 

 

ちなみに有線イヤホンはFOSTEXのTE-05を使っています。お気に入りです。

 

前々からBluetoothイヤホンが欲しかったので色々と試聴してて、他の候補としては

B&O PLAY Beoplay H5

Philips TX2BT

JBL EVEREST 100

などがありました。

 

B&O PLAY Beoplay H5

音はとてもいい。低音と音の広がりは一番いいと思った。装着感もしっくりくるけど、少しタッチノイズが大きい気がする。あと高い。この値段を出せば音質の良さが跳ね上がってる有線イヤホンを買えるな…と思ったのでパスしました。

 

Philips TX2BT

H5を試聴した直後だったからかもしれないが、店頭で聴いたときはあまりパッとしなかった。記憶があまりない。首元のBluetoothレシーバーが少し気になってしまったためパス。

 

JBL EVEREST 100

試聴してません。評判がよかったので気になっていた。

 

 

とまぁこんな感じで、悩んだ結果BackBeat GO 3にしました。

 

ケース付きとケース無しの2種類がありますが、ケースというのはmicroUSBのケーブルが付いたモバイルバッテリーなので、どっち買うかは人それぞれですね。僕はケース付きを買いました。

 

 

【音質】

高音の出方がとても綺麗。音の広さもBluetoothとは思えないほどで、まずBluetoothイヤホンの進化に驚きました(5年前にBluetoothヘッドホンが欲しくて色々試聴してたんですけど、全然パッとしない音でガッカリした記憶がある。普通に有線ヘッドホンを買った)。

ボーカルも近い位置でスッキリ聴こえるので、女性ボーカルの曲が映える。ギターのカッティングの音も気持ちよく、歪んだ音も伸びやかに聴こえる。低音もしっかり出てるし、全体的にバランスが本当にいい。と思う。ドンシャリ過ぎず、軽すぎず、高音が気持ちよくて刺さらず、という自分の好みにぴったりでした。

BA型の音が好きな人は好きな音だと思います。逆にダイナミックなドンシャリが好きな人は物足りないかもしれません。

1万円くらいのBluetoothイヤホンでここまでの音が出るのは凄いと思う。

 

僕はイヤホンを試聴する時にTHE IDOLM@STERの自分REST@RTを聴くんですけど(好きなので)、高音の伸びとサビの音の広がりが気持ちよくて最高です。歌詞の力強さと、包み込むようなボーカル、そして疾走感溢れるメロディーの鳴りが本当にいい。サビから間奏に入る瞬間、何度聴いても感動で鳥肌が立ってしまう。好きです。

曲のレビューになってしまった。

 

 

【装着感】

コントローラーは音楽を聴いている間も特に気になりません。

イヤホンの装着感に関しては人それぞれかな、と思います。かくいう僕もあまり付属のイヤーピースがしっくりこなくて、一番大きいサイズのイヤーピースでぴったり、という感じでした。耳に密着しないと低音が逃げてしまうので、某所でたまに見かける「音がスカスカ」というレビューはこの装着感の問題だと思います。

今は家に落ちてたコンプライを逆挿しで使ってます。イヤーピースの形状が独特なので無理やり挿した感じです。サイズは分かりません…。高音が潰れちゃうのが嫌だったので逆挿しにしてます。

f:id:loharu:20170610011027j:image

コンプライにしたら低音がしっかり聴こえます。楽しいイヤホンになった。やっぱりイヤーピースで大きく変わりますね。

 

 

【使用感】

主にiPhone7からBluetoothで接続してるんですけど、イヤホンの電源をオンにするとすぐに接続されます。楽だ。同時2台接続はできないみたいです。

音楽を流しながら作業することが多いので一日中流しっぱなしという感じなんですが、聴かない時はこまめに充電、というようにすれば電池の減りはあまり気になりません。スマホの電池と同じですね。

コントローラーも普通に使いやすいです。

タッチノイズはほぼしません。僕の場合は全く気にならないレベルです。

 

 

なによりコードが無いのが快適すぎる。コードが無いので、パソコンで音楽を聴いてる時もスッと立って音楽を聴きながらコーヒーを注ぎに行けます。

突然踊りたくなったら踊ることもできます。

 

快適すぎる、Bluetoothイヤホン。

 

 

 

 



ワルキューレ2nd LIVE in 横浜アリーナ 1日目に行ってきました

今さらなんですが、ワルキューレの2nd LIVEに行ってきました。

ワルキューレというのはマクロスΔの戦術音楽ユニットで、歌をみんなに届ける、つまり愛です。俺の歌を聴けーッ!

 

すみません、マクロスΔを1話も観てないので説明できません。

 

曲がめちゃめちゃいいので、CDを買ってライブに応募してみたら一席だけチケットが取れて、一人でバスに乗ってライブを観てきました。三列シートは最高。

 

物販でTシャツとタオルとあと光る棒を買って着替えて、あと500円のグッズのガチャガチャがあったのでとりあえず2回したあとにもう一度並んで2回しました。

 

 

f:id:loharu:20170208220156j:image

 

買ったばかりのTシャツとタオルを握りしめて撮った黒いカプセルの写真です。中身じゃなくて黒いカプセルを撮ってどうする。どういう感情だったんだ。

欲しいのが出てきて嬉しかった。

 

チケットはアリーナ席だったんですけど、横浜アリーナのアリーナ席って思ったよりアリーナ席で、会場全体が見渡せて入った瞬間にめちゃめちゃテンションが上がってしまった。

 

 

f:id:loharu:20170208210614j:image

 

写真はライブ前のアリーナ席の様子

 

 

以下はライブが始まってからの曲のレポです。

 

 

1.ようこそ!ワルキューレ・ワールドへ

最高

 

 

2.Hear The Universe

ワルキューレ、みんな歌が上手すぎるのでは?

めちゃめちゃ好きな曲なので生で聴けて本当に良かった。

 

 

5.Absolute 5

音圧がヤバすぎる。5人ともかっこよすぎる、最高。最高隆盛

 

 

7.いけないボーダーライン

JUNNA「ギリギリあ〜〜〜い!!!!いけないボーダーラーイン!!!!」

俺「難易度Gでもーーーッッッ!!!!」

 

 

9.おにゃの子☆girl

よすぎ、よすぎとピーコ

 

 

14.涙目爆発音

本当にこの曲は好きです。それが生で聴けるんすよ、ヤバイっすね。ライブっていいな…

あと俺は安野希世乃さんが本当に好きになってしまった。

 

 

15.AXIA

本当に好きになってしまった。

 

 

16.GIRAFFE BLUES

いい歌すぎる。マクロスΔを観ていないのに歌詞と曲の世界観だけで泣きそうになってしまった。これが歌の力、歌は愛

 

18.Walkure Attack

曲が始まった瞬間に会場のボルテージが最高潮になって客席が燃えて全員死にました。

 

 

そういえばどこかのMCで「みんなはどこからきたのー?」みたいな質問があって「金沢ァァナァァ↑↑↑ーーーーー!!!!!」って叫んだら隣の人に「こいつ金沢から来てんのかよ」みたいな目で見られました。金沢から来てんだよ

 

 

21.一度だけの恋なら

曲が始まった瞬間に会場のボルテージが最高潮になって客席が燃えて全員死にました。

 

 

EN1.星間飛行

まず鈴木みのりさんの星間飛行が聴けた時点で

「アアアアーー!!!!!」

つって叫んでるんですけど、二番になって後ろから誰か出て来てモニターに中島愛さんが映って

「??????????ッッッ?(状況を把握して)アーーーーーーーこれはやばいことになった」

会場「(状況を把握して緑色のサイリウムが点き始める)」

隣の人「(泣いてる)」

やばいことになった。こんなの歴史じゃん。日本史Bだわ。センター試験に出ます。

 

 

EN2.ワルキューレがとまらない

ROCKIN' MY JET☆彡

COSMIC LOVE………

TAKE OFF!!!!!!!!!!

 

 

WEN.ルンピカビーム

ルンピカビーーーーーム!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

 

ライブ終わって、会場の外に出て、放心状態でお酒を飲んでカプセルホテルの大浴場で湯船に浸かりながら「やばかったな………」と言いました。

 

 

ありがとうワルキューレ────。

 

 

ガチャガチャでゲットしたグッズは全部東京のどこかで落としてなくしました。

 

 

おわり